« 東京タワーとチーズフォンデュ | Main | 10日目:KAT-TUN@京セラドーム »

2009.05.29

9日目:KAT-TUN@京セラドーム(追記)

9日目:KAT-TUN@京セラドーム

9日目:KAT-TUN@京セラドーム

京セラ初日。

大阪にやって来ました!
街中でもほとんどマスクしてる人はいません。
とりあえず中止にならなくて良かったです(^-^)

--------------------------------

初日公演終わりました!

本日はアリーナB9ブロック。
センターステージが思いのほか近い。
フライングのワイヤーがB-Cブロックの間なのでこれもなかなか近いです。
東京ドームよりキャパが1万人ほど少ないので、若干狭め。

まず、亀ソロ。
これを観るためだけに大阪まで来ましたので…

なんだか今日は、いつになく艶やかで美しかったような。
大阪初日だから気合入ってたのかな?
いつものようにビジョンに釘付け。ビジョンがまん前で間近の神席!
でもセンターステージとワイヤーが近いので途中ちょっと実物を
見てみました。
今日はフライング着地のあたりで一反もめんがフライング
の機材にひっかかってしまい、ラストは書状を持たずに
“si…”のポーズで暗転。
色っぽかった……

そしてその後の水かけ。
掛ける水の温度によって着物の色が変わる、というのを
やっとちゃんと確認しました。なるほどー!
だからあんなにぶっかけられるんだね(笑)

そしてラスト、センターステージでジュニア皆に一斉に水をかけ
られた後、後ろ姿の肩のラインとうなじが非常に色っぽいのですが、
その時に水をかけられた勢いで着物が肩から落ちかけていて、
暗転した後に完全に着物が肩から落ちた状態でふらふらと
奈落にはけていく姿がたまらなく卑猥でした…
これでこそ亀梨和也。

あとはー、、、そうそう。
例のポスター抽選会の後で関西ジュニアから延期になったコンサートの
振替公演の告知があったのですが、そのときに亀ちゃんがジュニアの
代わりに半券の入った抽選BOXをもってあげて自分のマイクを貸して
あげたんですね。
その亀マイクでしゃべってたジュニアは当然ながら間接チュー。
でそのジュニアがかつてのじゅんのの衣装を着ていたらしく

「亀とマイクで間接チューできるのは羨ましいけど、田口の衣装は羨ましくない」

とのたまう聖@亀溺愛はわかる。
しかしさらに

「わかるわかるー!」

と相槌を打ったのは…誰……?

あとはMC前に満面の笑みで楽しそうに談笑しながらはけてく珍しい仁亀とか
おしりふりふりしてる可愛らしい中丸の後姿とか
これぞ亀梨!的なスベリ
(コンサート何時に終わるんだっけ?→コンサートは一生終わらないぜ…)とか
仁→亀のツッコミ(今のは振った亀梨も悪いよ!)とか

いろんなありがたいものを拝見しました。

そして今日は一人参加だったのでお隣の母親くらいの年齢の亀担さんと
仲良く盛り上がれて大変楽しかったのですが、「亀ちゃんかわいいーv」と
連呼する私に

「でも、亀ちゃんと同じくらいの歳でしょ?」

と言われてさすがに自分自身にひきました。
年齢不詳の自覚はあるけど、そんなに落ち着いてないですかね…
基本的に若く見られるのはうれしいけど


さすがにそれはナイわ。


「一まわり上で干支が一緒です」

とは恥ずかしくて言えませんでした。
自分が思っている以上に落ち着いていないのかもしれない…。


May 29, 2009 in 亀梨和也KAT-TUN |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 9日目:KAT-TUN@京セラドーム(追記):

Comments

Post a comment