« オリンピックでRealFace | Main | 東京湾大華火大会 »

2008.08.17

お宝発掘。

来週日曜日の仙台と再来週の代々木3本、Vコンに入ります。
で、いい加減KAT-TUNからVモードに切り替えなきゃということで
ディスクの山からV6のCDの発掘作業をしていたら、出てきましたお宝が(笑)
04-05、05-06、06-07のジャニーズカウントダウン!
私が岡田くん目当てでカウコンへ行ったのは05-06、06-07の2回。
自分が生で見たはずのリアルタイム修二と彰、青春アミーゴ。

亀ちゃん、キレイ~~~~vvvvvvvv

2005年~2006年の亀ちゃんてホント、異常に美しい。
今ももちろん可愛いし男前だけど、あの頃のキラキラした眩しさは格別だな、
と思いました。10回くらいリピートしちゃった(笑)
私がほんのりファンになったのも当然この頃だもんね。
ごくせんも野ブタも観てなかったけど、CMやTV番組でちらちらと目にする
キラキラした美貌だけで充分、よく知りもしない一般人が「好きv」と言える
くらいの存在感だった。

そんな頃にたまたま観た食わず嫌いで、本当に素直で素朴な感じの
少年っぷりに「え、亀ちゃんてこんな普通のコなの?」とびっくりしたと
同時にすごく好感度が増したんだった。あの風貌のイメージできっと
大人びたクールな感じのコなんだろうと思っていたから。
別にあの番組を毎回観てるわけじゃなくてホントたまたまだったんだけど、
アレがなかったらひょっとしたらドリボ観に行ってなかったかも、と思うほど
あの食わず嫌いの亀ちゃんは印象的でした。
野球やってて、下町育ちの4人男兄弟で、ごはんの取り合いしてて、
みたいなふつーの話を緊張しながらしている小さな亀ちゃんが
本当に可愛かったなぁー(^^

04-05年のカウコンでは、デビューの大分前なのに「アンダルシア」で
しっかりワンフレーズ歌ってる亀ちゃんにちょっと感動。
他の人(デビュー組?)はそのままメインステージに降りてくるのに、
亀ちゃんだけはすぐバックに捌けてラストまで出てこないんだけど。
なんか凄いね。

今年のドリボ、DVDにならないんだろうか…
あの亀ちゃんのアンダルシアはぜひ、世に出して欲しい。(もちろん離愛も!)
あの曲でセンターに立って踊るって、やっぱりスゴイことだよね。
気合入りまくりで鬼の形相の亀ちゃんがたまらない。
あの、緩急の効いた力強さとしなやかさのバランスが素晴しい。
ぜひDVD化を!! 頼みますよ、ジャニーさん!

そして05-06年のマッチ25周年メドレー、「挑戦者」がKAT-TUNだったんだ…
これ、生で聴いた時知らなかったけどすごく良い曲だなと思って、
ドリボで聴いた時「ああ、あの時の曲だ」って思い出したのでした。
あの時に亀ちゃんが一緒に歌っていたなんて、嬉しい驚き。

06-07年。KAT-TUN念願のデビューの年なのに、仁くんがいないのが
こんなに響いてたんだねー…
Real Faceは歌ったものの、ほとんど触れられず。
最後もNEWS復活、光ちゃん誕生日なんて話題ばっかりで、
隅っこでおとなしくしてるKT-TUN。
ファンじゃないと気づかないものですね。
続けて観ると前年と比べて亀ちゃんのテンションの低さが痛々しい。

なんか自分が目にしていた光景なのに全然見えてなかった部分に
いろんなドラマを感じてしんみりしてしまった。。。

で、最近のKAT-TUNがいかに落ち着いた状態かってこと、
今だからこその6人の関係があるんだなーということを
ほんの少しですが垣間見たような気がしました。
本当にここ最近、すごくイイ感じに見えるもんね。
私がファンになった、こんな短い期間でもそう思う。

バラバラの強い個性を持ちながら、ひょっとしたら一生背負わなきゃ
ならない鎖を自分達の力で絆に変えて、口では貶したりからかったり
しながら、奥底では信頼して、心配して、KAT-TUNというグループを、
メンバーを大切に思ってる。
そんな雰囲気をなんとなく感じて益々KAT-TUNが愛しい今日この頃です。

でね、もうすぐ初めてドリボ観に行ってから一年経つんですよ。
すんごい早かった!(笑)

ここまで嵌るとは思わなかったなぁ…(しんみり)。

August 17, 2008 in 亀梨和也 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お宝発掘。:

Comments

Post a comment