« 桜 | Main | Happy birthday »

2006.04.03

陽春大歌舞伎

陽春大歌舞伎

陽春大歌舞伎 陽春大歌舞伎

行って来ました、「陽春大歌舞伎」初日。
5時起きして着物を着て、早朝の新幹線に乗りいざ、名古屋御園座へ!

一本目は「梶原平三誉石切」。
染さんの梶原平三は一般公演では初だそうで、こちらもドキドキ。
堂々としていてなかなか素敵でしたが、まだまだこれから貫禄が出て来るんだろうなぁ。
紐を解いて刀を取り出したり、器用に紐を縛って納めたり。
手先の動きに注目してしまいました。染さんは手が綺麗ですね。

そして芝雀さんの「本朝廿四考・狐火」を挟んで、いよいよメインの「勧進帳」!
私は勧進帳自体が初めてで、それが幸四郎さん・染さん親子競演となれば更に楽しみ。
この数日後には幸四郎さんが弁慶役800回目を迎えるのだそうで、そんな興行で
観劇出来るのがまた嬉しい。

で、実際の舞台はと言えば、やはり素晴らしかったです!
幸四郎さんの深く大きな弁慶と、それに対峙する染さん演じる富樫左衛門が
それはそれは凛々しく美しく、2人一緒に見得を切る見せ場などは本当に
圧巻の迫力で、 感動でした!

先月のパルコ歌舞伎も最高だったけど、やはり古典の魅力は歌舞伎ならではのものですね。
一緒に行った初歌舞伎の友達も感動していました。

また巡業で勧進帳が観られると思うと楽しみです♪

April 3, 2006 in 市川染五郎歌舞伎 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 陽春大歌舞伎:

Comments

お久しぶりです!
どっちのHNでお邪魔してたか忘れてしまい(汗)
ショナもしくはゆりです♪

御園座、行かれたのですね!
今はすっかりニートの私ですが、3月まで御園座にごくごく近い新聞屋さんで働いてました。
おかげさまで、歌舞伎も何度かただで観させていただきました(笑)

着物のお話も興味深く拝見しています。
私は人よりリーチが長いらしく、お仕立て上がりやリサイクルでは裄が足りなくて色々遊べないのがツライです。

Posted by: ショナ | Sep 2, 2006, 6:33:42 AM

Post a comment