« 名古屋2days | Main | 隅田川クルージング »

2006.04.08

江戸東京博物館

江戸東京博物館

江戸東京博物館

同期の友達との隅田川お花見クルージングが夕方からの予定だったので、
昼過ぎに集まって江戸東京博物館へ。

両国に行くのは初!国技館もこんなに駅の近くにあるんだ。
そしてお隣の江戸東京博物館へ。
確か年始あたりにポスターが出ていた、歌川広重展をここでやっていました。
観たいと思っていたのですがなんとこの翌日が最終日!ラッキー♪

まず最初は江戸中村座を再現した原寸模型!
看板には「中むら きょうげんずくし かんざぶろう」と書いてあります。
最近歌舞伎づいている私としてはなかなかの感動モノでありました。
阿修羅城に出てくる中村座(内部は金丸座)とか、去年「夢の仲蔵」で見た
森田座とか。江戸時代の芝居小屋が目の前に建っているなんて嬉しい!
いつか金丸座にはぜひ行ってみたいな。できれば染さんの出ている時に。

実はこの翌日、NHKアーカイブスで「松本幸四郎襲名」(現・幸四郎氏)の
特集番組をこの中村座の前から中継していたのを見てびっくり!
昨日行った場所だぁー!と、不思議な偶然に興奮しつつ、TVにかじりついて
観たのでした。この番組も相当に興味深く、現・幸四郎、現・染五郎、そして
染さんの祖父にあたる白鸚さんの三代同時襲名の時のもの。
金太郎時代のちっさい染さん(かわいいー!)や若かりし幸四郎さんはもちろん、
先代の勘三郎さんの姿などもあり。現・勘三郎さんが本当にソックリでびっくり。
勘太郎くんもお父さんにどんどん似てきてますが、代々ソックリなんですね…

それにしても若かりし幸四郎さんの精力的・意欲的なこと!
インタビューからもその熱意や勢いが伝わってきて本当に素敵でした。
しかもそれが今でも続いているわけで…すごいなぁ。
それを支える奥様も素敵でした。

そして番組の終わりは襲名口上時の染さんのアップ。
「歌舞伎界では今世紀中に幸四郎襲名が見られるだろうと言われている。」
だそうで…その瞬間、ぜひ目撃したいです。
染さんは「幸四郎」を継ぐことになるんでしょうか?

さて、話が逸れましたがその後江戸の町の再現や資料などを楽しく見て回りました。
小さな町人がたくさんいる町風景の模型があって、「こんな時代に生きてみたいね~」
と話しつつ、「でもそこら中の人が刀差してると思うと怖いよね…」
最後に駆け足気味で歌川広重展を見て、タイムアップ。
2時間ほどの見学でしたが、全然時間が足りませんでした。
また行きたいな。

April 8, 2006 in 旅行・地域市川染五郎歌舞伎写真 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 江戸東京博物館:

Comments

Post a comment